スタッフダイアリー
石原ヒサシダンススクールのスタッフが交代で更新している日記です!是非コメントを入れていただけたらと思います!
石原ヒサシダンススクール ホームページ http://ishiharadance.com/
畔上力の日記

皆さんはどんなお箸を使っていらっしゃいますか?

先日、畔上の使っている塗り箸が少し剥げてきたので、

(そろそろ箸を買い替えようかな…。)(そういえば、銀座にお箸の専門店があったなあ。)
なんて感じで軽い気持ちで有楽町線に乗り込み銀座へと向かいました。

(今度は塗り箸ではなく黒か茶色の木箸で少し奮発して五千円くらいの物を購入しよう。)
そう心に決め銀座に到着です。
当たり前ですが、そのお店にはお箸が一杯。色々なお箸に目移りします。
そこに飛び込んで来たのが青黒檀の4角形のお箸でした。重さも色合いも完璧。つまみやすさ手触りもまあまあ。値段もまあまあの六千円…!?。

実はお箸の世界.。ダンスの世界と同じくらいに奥深く、使い捨てのお箸からなんと5万円以上もするお箸までピンキリなのでした。
材質もたかが木だと侮れない程多種多様で、その形状も様々、三角形のお箸や四角形、なんと七角形のお箸まであったりします。

(六千円かぁ)
と悩んでいると店員さんが近寄ってきました。
「お箸を御探しですか? 御贈答品ですか?」等々色々質問を受け、自分のお箸で黒か茶色のお箸を探している旨を伝えると5膳くらいの候補を持って来てくれました。値段も見ずに次々と箸を持ち替える事、数度。突然電気が走ったような衝撃のお箸が…、恐ろしい程手になじみ、重厚でつまみやすいそのお箸は「八角形の青黒檀」のお箸でした。

「これは?」
店員さんに尋ねると、どこかの有名な箸職人さんが作ったお箸(名前を聞いたけど失念。)で、その方はもう他界しているとの事でした。
さらに他のお箸を持ちますが、「八角形の青黒檀」の衝撃を越える物はありませんでした。(さっきの4角形の青黒檀はもう持ち替えてもなんの感動も無くなっていました。)

(これ下さい。)と言おうとした時、目に飛び込んで来た衝撃の金額は

1万3千円(税別)。

一瞬動きが固まった畔上を見た店員さん。すかさず、
「これくらいの値段のお箸になると当然なじみもよくいつまでも使ってもらえます。こちらではお箸の修理も承っておりますので、もし欠けてしまったりしたら、修理に御出し下さい。それにお箸は毎日使うものですから…。」
と説明が続きます。

(一度外に出て冷静に考えよう)
店員さんの説明の声も漫ろに外へと出た畔上。近くににある立ち飲みBarに入り一思案。のつもりが、酒の勢いを借りる結果に…。

(確かになじみがよく幸せな気持ちでご飯が食べられるなら、その金額は高くない(わけが無い)←お酒がそう思わせた。)
結局、15分後にお店に戻り、「八角形の青黒檀」を購入しました。

買った当初はちょっと後悔がありましたが今は全然ありません。むしろお箸を使うのが楽しみです。この漆黒のお箸を真っ白いお豆腐に通す時の感動はえもいわれません。また、思わぬ効果も…、おかげでお皿や食器を面倒くさくて洗わなくても、このお箸だけは洗って専用の置き場所に置く様になってしまいました。

皆さんはどんなお箸をお使いですか?

 

 

 

 

| 畔上力の日記 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

こんばんは!

昨日は東京でも台風の影響で風が強く、雨の降る1日となりました。さて今日は教室に戻ってみると既に石原久嗣先生が帰ってきていました。しばらくするとおもむろにiPadを取り出し何やら操作しています。何をしているのかと見てみると、時折空いた時間に久嗣先生がよくやっている漢字のゲームをしていました。今回は四字熟語の問題で、空欄に当てはまる正しい漢字を選択するという問題をやっていました。

そんな姿を確認した後に、私も暫く自分のやることなどをしていました。ふとまた久嗣先生に目がとまり見てみると、相変わらずゲームをしているようでした。もう1時間以上経っていますが、よく何度も漢字のゲームばかりやって飽きないのかな?と思いました。そこで先生に近付いてみると、久嗣先生が笑いながら“終わらない”と言ってきました。何のことだろうと思い画面を見てみるとそこには第497問と表示されていました。10問くらいの問題を繰り返していたのではなかったのです。“500問で終わるんじゃないですか?もうちょっとですよ”と言ってはみたものの、その淡い期待は無情にも打ち砕かれ、画面には無情にも第501問の表示が・・・。これにはさすがに私も笑ってしまいました。

一体これはどこまで続くのだろう?という驚きもありましたが、一番驚かされたのは漢字のゲームをよくやっている久嗣先生の知識量と500問を越えてもなおやり続ける久嗣先生の忍耐力でした。

しかしこのゲームには終わりは訪れるのでしょうか・・・。

| 石原久嗣の日記 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0)
ある腫れた日々・・・。

6月の終わり、いつものように革靴でジョギング、途中スリップして顔面を強か路面に打ち付けました。おそらく右の頬骨に少しヒビが入ったのでしょう、痛みはそれ程でもありませんでしたが、顔の右半分が虫歯治療のときの麻酔を打たれた唇の様に、自分のものでありながらそうでないような状態が続きました。やっと最近顔が左右対称に近付きホッとしています。その間何度かの人前に立つ行事をこなしましたが、腫れ上がった顔を見た人は“むくんでいる?”“太ったかな?”などと色々な想像をされたのではないかと考えると、ちょっと冷や汗ものです。以後これに懲りて、革靴の底にはしっかりと滑り止めを貼ってもらい、再発防止に努めています。

 

そんなわけでここ3ヶ月あまり、腫れのため顔の右半分がなんとなくもやがかかったような状態でしたが、人前では出来るだけ顔の左半分を見せるように心がけ、スクールの夏のパーティーもなんとか乗り切り、8月7日には、スクール全員でも〜り〜君の故里、飯田にお父さん(森本吉和先生)のスクール30周年に行ってきました。

 

経費節約から当日朝6時50分の新宿のバスターミナルから出発です。思い起こすと前回の20周年の時もやはりバスでの飯田行きでしたが、なんと関根カップルが乗り遅れ、結果2人は電車で岡谷まで、そこから飯田までタクシーで・・・。寝坊の罰としてはあまりにも大きなダメージを彼らのお財布に与えた飯田行きとなってしまいました。

 

果して今回も私たちにしては早朝の出発、誰かが第2の関根組になりはしないかと大いに気を揉ませましたが、乗り遅れによる金銭的ペナルティーが皆我が身の如くこたえたのか、今回は全員定刻の30分前には無事集合、また車中での飯田までの4時間あまりも、予想された夏休み中の渋滞も思ったより少なく、ハードスケジュールは慣れっことばかりにスタッフには程良い睡眠時間となったようです。

 

飯田に到着してからは、さすがサービス精神旺盛のスタッフたち、早朝からのバス移動の疲れはおくびにも出さずに、リハーサル、ダンスタイムのお相手、プロのショータイムと、八面六臂の活躍をしてくれました。またショータイムでは、故里に錦を飾るまでとはいかないまでも中くらいの誇らしさに浸っている“も〜り〜君”のために、何もしなくとも目立つ“も〜り〜君”を本日の主役にとばかりに、フォーメーションの構成などで一層注目を浴びるよう気を遣ってくれました。以心伝心・・・。本当にスタッフたちには心より感謝です。そしても〜り〜君もその心遣いに応えるべく、いつもに増して鼻から蒸気機関車のような息を出し、残り少なくなった前髪を振り乱しての大熱演でした。また見る人もやはり暖かかった・・・。地元出身の“も〜り〜君”が登場すると、“田舎のプレスリーかダイエットに失敗したマイケル・ジャクソン”とばかりに大喝采です。

 

そしてパーティーが終わり、心地良い達成感に皆ひたりながら2次会、3次会と夜がふけるほどドラキュラのように元気づくスタッフたち・・・。私もそのスタッフたちと一緒に、おもわず年令も忘れ最後までお付き合い。久しぶりに楽しい仲間たちと時間を共にする実感を十二分に堪能した1日でした。


森本先生、30周年おめでとう!そして貴重な時間をありがとう。スタッフたちにも・・・

| 石原久嗣の日記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

4日の日曜日に大森ベルポートにて行なわれた競技会に出場してきました。

天気予報では午前中は雨の予報でしたが一時小雨が降る程度で荷物が多いのでとても助かりました。

この日は午前にスタンダードの試合に出場、午後はラテンに出場しました。

そのため起床時間は5時少し前に起きてヘアセットをして6時前には家を出ていました。早朝の地下鉄は冷房がついていないせいでとても蒸し暑く、電車を待つ間にじわじわ汗が出てきました。

結果はいつものことながら散々たるものでしたが、とりあえずのラテンのクラスの維持の最低条件を満たすことができてホッと一安心です。まだまだ競技会も続いて行きますので今後ともまだまだやることは沢山残っているので1つずつクリアしていきたいと思います。

| 森本和也の日記 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

大型の台風が当初より東にずれて本日岩手県に上陸しているようです。東京からは遠いところを通って行ったはずですが、昨夜練習をやっていると急に雨が降り出してきました。慌てて着替えて帰り支度をして外に出ると幸運にも雨は止んでいました。0時丁度の電車に乗り、このまま無事家に着くまで雨が降らなければいいなと思っていました。電車から降りた後も雨は降っておらず後10分程の道中というところでした。ポツポツと降り出してきたと思うや否や雨はあっという間に強く降り出していました。唯一風が余り強くなかったことが幸いでしたが・・・。これがもし直撃していたら東京ではどんな影響が出ただろうと考えると恐ろしくなります。

| 森本和也の日記 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

ここ最近になって台風が続けて発生しています。今年は東京では水不足になりそうな状況のようですが、ここ数日の雨で少しは回復したかと思います。台風の中で10号が東側から西側へゆっくりと進んでいます。変な進み方をする台風だと思っていたところ、その台風はなんと今日のニュースでは針路を次第に東に変えると書いてありました。迷子になった台風が思い出したかの様にUターンして戻ってくるというなんとも不思議な状況になっているようです。しかもこの台風は非常に強い台風になっただけでは留まらず、今後猛烈な強さの台風へと更なる進化?をしているそうです・・・。レベルアップした最大級の迷子台風が直撃せず逸れればいいと思っています。

| 森本和也の日記 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

こんばんは!

先日飲物を買おうと自動販売機の前に立つとサンプルの中に潜むポケモンを発見!!

早速モンスターボールでゲットだぜ!

と言いたくなるような光景が目に飛び込んできました。これがその時の写真です。

お分かりになりますか?天然水の前に張り付いているのはヤモリでした。しかもこのヤモリ何処から入り込んだのか自動販売機の中側に入り込んでいます。おかげでヤモリの裏側をまじまじと見学することができました。は虫類が好きな訳ではありませんが、こうして見てみると以外と手足がちっちゃくてかわいい・・・(o´ω`o)

外から指でちょんちょんとやってみるとやはり本物で動きました。無事抜け出せることを祈りつつ飲物を購入して帰りました。

| 森本和也の日記 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記

石原ヒサシダンススクールの夏のパーティーは終わってしまえば喉元を過ぎたかの様に平穏な日々に戻りますが、今年はパーティーが終わった余韻に浸る間もなく、翌週に控えたパーティーに向かいました。それは先日の日曜に私の実家の教室が30周年ということで、石原ヒサシダンススクールのスタッフ全員に来てもらったためです。長野県内の各教室に御協力も頂き、おかげさまで盛大な会を行うことが出来ました。石原のパーティーとは違い、なかなか時間どおり進行するのは難しくかなりバタバタとしてしまいました。さて飯田のパーティーではプロのショータイムで着替えの為に石原久嗣先生に挨拶で繋いでもらうことになっていました。どのような挨拶なのか不安に思いつつ急いで着替えていますと、案の定聞こえてくるのは何やら私の話題になっているような・・・。しかも何やら話に色が付き、手足に尾ひれまで生えたような話になっているようでした。これにはおもわず残り少ない貴重な前髪も無惨に抜けてしまいそうで、慌ててフロアに向かいましたがなかなか終わらずフロアサイドで針のむしろの気分でした。

| 森本和也の日記 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0)
ムヒカの想い・・・

7月30日夏のパーティーが終了いたしました。
回を重ねるごとに年齢からくるのでしょうか、その達成感が悲壮感を帯びてくるように思えてなりません。また反面、その想いを言葉に出さなくても察してくれるスタッフに今回も感謝です。本当にありがたいと思っています。というわけで、今回も大いなるマンネリと言われるかもしれませんが、例年のとおりの会とすることが出来ました。ありがとうございました。とりあえずご報告とさせて頂きます。

 

 

ごあいさつ

 

最近、私の心に残った言葉があります。それは、世界で最も質素な大統領と言われたウルグアイ第40代大統領ホセ・ムヒカの言葉、 

“貧しさとは少ししかないことではなく、限りなく多くを求めもっともっととほしがることである”です。

内容は以前にも何処かで耳にしたことがありましたが、物質的な富をのぞめばそれを可能とする立場にいる人の発した言葉だけに、真の豊かさとは何かを身をもって示しているようで、それは新鮮な説得力を伴って、私の心に強く印象付けられました。
おそらく、一国の大統領とは比較にはなりませんが、私がスクール開いたときの、スクールが単に技術を提供する場ではなく、それを遥かに越えた何かが存在するスクールでありたい、との想いに共通するものを感じたからなのではないでしょうか…。
私はあらためてスクールを開設以来30年の年月に、私と同じ想いでお客様と接し、私の願うスクールに近付くよう努めてくれた総てのスタッフに、感謝させていただきたいと思っております。

“私たちは発展するためにこの世に存在するのではなく、この惑星に幸せになるために生まれてきたのです。”これもムヒカの言葉です。

混乱と破壊に満ちた中、世界に“やさしさ”と“勇気”を与えたムヒカを誇りとして、私はこれからも“ムヒカの想いに満ちたスクール”を目指し、同じ波長をもったスタッフとともに歩み続ける所存でございます。
どうぞ引き続き、スタッフとスクールにご支援の程よろしくお願い申し上げます。

結びに本日ご参会とご出演のお客様、そしてご協力をいただきました皆様に心よりお礼申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

| 石原久嗣の日記 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)
森本和也の日記
こんにちは!
皆様このゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?火曜日から木曜日と週の中間にあるために月曜と金曜日出勤の方や大連休となった方など様々かと思います。風が強かったり雨が少し降ったりしましたがよい天気に恵まれた連休のような気がします。しかし気温は30℃に近付く程でとにかく5月とは思えない程に暑い・・・。思わず外出するのも億劫になってしまう私ですが、今年の夏に実家の教室が30周年を迎えるということで、先週の土日に続いて3日から5日の連休は長野に行ってきました。予想以上に高速道路は渋滞し、普段4時間かかる道のりも最大で6時間以上かかりました。さすがに長時間の移動が続くときついものを感じます。渋滞で遥か彼方まで続く車と度々ゆっくり走っては止まるバスの悠久に思える時間に一体自分は1日の何割を移動で費やしているのだろう?と思う程でした。
| 森本和也の日記 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0)
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
記事
カテゴリー
過去の記事
最近のコメント