スタッフダイアリー
石原ヒサシダンススクールのスタッフが交代で更新している日記です!是非コメントを入れていただけたらと思います!
石原ヒサシダンススクール ホームページ http://ishiharadance.com/
社交ダンス
<< 記念となる年のゆく年来る年に、特別な想いを込めて | main | アカデミー授賞式の話 >>
つつしんで あら玉の 春を寿ほぐ

皆様には輝かしい新年を迎えられましたこととお喜び申し上げます。
私たちスクールも、昨年30周年という大きな節目をつつがなく過ごすことが出来ました。改めて長くも感じまた短くも思えた30年を振り返ってみますと、平穏な時ばかりではない月日でしたが、スクールを続ける上での大波小波の時でさえそれを余り苦と感じず、乗り切る楽しさともいったものを感じておりました。それはやはり多くのお客様と歴代のスタッフと過ごす時間が、私にとって心強くまた心地良いものであった証ではないかと思っております。

 

“ゆく年くる年、ゆく人くる人”さすがに年齢を経る毎に、くる人に比べゆく人が多くなり、それはそれで少し寂しい気持ちにさせてくれますが、踊りを背景として私たちと思いを共有する人との出逢いを楽しみに、これからも私自身お客様にとって必要とされ、またスクールがお客様とスタッフにとりまして特別な空間として存在出来ますよう努めていこうと思っております。

 

   ゆく年を感謝の心で見送り、くる年を希望を持って迎える・・・

 

本年も皆様にとりまして幸多い年でありますことを祈念し、引き続きスタッフとスクールにご支援頂けますことをお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

| 石原久嗣の日記 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ishiharadance.com/trackback/986383
トラックバック
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
記事
カテゴリー
過去の記事
最近のコメント